イメージ画像

脱毛方式の比較

医療レーザーや光といったサロン系で使われているものなど種類もあり、素人はなかなか違いやメリットが不明ですよね。

脱毛の手段はどんどん新しいものが開発されて、どの方式を選ぶべきなのでしょう。

ムダ毛の再生を防ぐ効果だけを問うのであれば
光脱毛より、医療レーザー脱毛の方が効率がよく、確実性の高い脱毛方法であるといいます。

実際に、脱毛力を決め手として、クリニックや医院を選択するという人もいます。

VIOラインの脱毛のような、皮膚が敏感で刺激に弱い箇所は、強い脱毛力では痛みを伴うことがあります。

皮膚が刺激に弱い部分も、ムダ毛は生えてくるのは諦めないといけません。

傷がついた部分の肌にシミができたりということも起きますので要注意です。
医療レーザー脱毛は必ず医師の指導がありますので、安心感があります。

言い替えれば、医療レーザーとは医者でなければ使えないほどの高出力の器機を扱うのです。

また実際にサロンや有名医院に行かないと分からないことがあるので
良い面、マイナス点、また光脱毛にはどんな好ましい点があるか、カウンセリングなどで聞いて確認するといいでしょう。

医療脱毛をする上で切り離すことができないのが、保湿です。

肌の乾燥は肌を傷めることにも繋がる、これは美容に意識の高い人であれば知っていることですよね。
乾燥しすぎるとヒリヒリすることがあるのはそのためです。

脱毛のためにレーザーを照射すると、その部分が過剰に乾燥します。

その状態を放置しておけば、当然お肌にはよくありません。
ちょっとした刺激にも敏感に反応するようになるので
施術後の炎症が収まりにくくなったり、逆に火傷の状態がひどくなることも考えられるのです。

そうなればムダ毛は無くなったとしても
美しいお肌を手に入れることは難しくなってしまうでしょう。

施術後はもちろんですが、医療脱毛を受ける時には施術前の保湿も必要不可欠です。

やはり乾燥しているとレーザーによる刺激が強くなりすぎてお肌には悪影響。
しかも肌が潤っている時にレーザーを照射するよりも痛みを感じやすくなってしまいます。

それを避けるために、脱毛前にはしっかりとお肌のケアをしておきましょう。
市販の保湿用コスメを使用してもなんら問題ありません。

ただ、クリニックではよりお肌に刺激の少ないジェルやクリームなどを取り扱っていますから
医療脱毛前後はそれを使った方が確実なのかもしれません。医師と相談した上で取り入れてみましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ