イメージ画像

全身脱毛の箇所≪ミュゼ・脱毛ラボ・銀座カラー≫

全身脱毛を契約する際に注意したいのは、施術の箇所についてです。
全身といっても、サロンによって微妙に範囲が違うのです。

一番多いのが、顔は範囲外だったり、フェイス部分でも頬は対象外といったサロンが多いです。
また、デリケートゾーン(VIO)も対象外といったところもあります。

全身と聞くと、トータル綺麗になれるというイメージが強いですが、実はそうではないということなのですね。

脱毛効果については、どこのサロンも大差はないので、顔やハイジニーナは別に脱毛しなくてもいいという方なら特にサロン選びにこだわる必要はないと思います。

ただ、フェイスやデリケートゾーンの部位も、ムダ毛をスッキリなくしたいという場合はサロン選びに慎重になった方が良いでしょう。

自己処理のシェービングってサロンでは対応してくれないの?

脱毛の際に気になるのが、事前処理のシェービングではないでしょうか。
ほとんどのサロンが前日までの自己処理が必須です。

うなじや背中、Oラインなど、自分では剃りにくい箇所はスタッフさんが手伝ってくれるところがほとんどですが、その他の部位については基本的に自分で剃って行く!というのが暗黙の了解となっているところが多いです。

シェービングが不十分の場合、施術を断られたり有料でのシェービングとなってしまうケースもあります。
そんな中、エターナルラビリンス(エタラビ)は唯一無料のシェービングサービスを続行しているサロンです。
基本的には前日までの事前処理が必須とされていますが、毛が残っている場合には問題なく剃ってもらえます。

ミュゼも一度、シェービングサービスが廃止になりましたが、それでも剃り残しがあればスタッフさんが剃ってくださっていました。
ただし、2015年4月からは一切そういったサービスがなくなるようです。
今後は、剃り残しがある箇所は避けての施術になるようです。

ワキやVラインなど、範囲の狭い部位ならともかく全身ともなると、綺麗に処理したつもりでも、毛が残ってしまうことだってあると思います。
施術の箇所もそうですが、いろんなサービスも含めて安心して通うことのできるサロンを選びたいものですね。

エターナルラビリンス

唯一、完全無料でシェービングを行ってくれるサロンです。
基本的には前日までの自己処理は必須ですが、残っているムダ毛を剃ってもらえます。

↓ 10部位のプランはこちら ↓







↓ 26部位のプランはこちら ↓






銀座カラー

自分では剃れない箇所のみ、持参したシェーバーでスタッフさんに添ってもらえます。
自分で剃れる箇所が処理できていない場合は、その部位を避けての施術となります。

↓ プランの詳細はこちら ↓






↓ 1回だけのお試しはこちら ↓






キレイモ

月額制プランの場合は、シェービング代1000円が必要です。
回数制プランの場合は、剃り残しは無料で処理してもらえます。






ミュゼ

シェービングサービスは完全に廃止されました。
剃り残しがある場合は、その箇所を避けての施術となります。






脱毛ラボ

剃り残しがあった場合は1000円のシェービング代がかかります。
VIOなどデリケートゾーンは1500円と割増になります。






シースリー

自分では処理できない箇所はシェーバーを持参すると対応してもらえます。
手の届く箇所は、サロンで自己処理しなくてはいけません。






コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ