イメージ画像

全身脱毛って恥ずかしい?≪VIOや胸≫

全身脱毛してみたいけど、恥ずかしいからなかなか踏み込めずにいるという方も案外多いのではないかと思います。
私も、全身こそは施術していませんが、VIOは最初ちょっと抵抗ありました。

VIOや胸を他人に見られるのって、抵抗ない人の方が少ないですよね、きっと。
私の場合、どちらかという胸の方が抵抗あるかもしれません。

授乳後の乳首は誰にも見られたくない

2人の子育て、授乳を終えたあとの乳首って、妙に伸びていて人に見られるのってかなり恥ずかしいんですよね。
おまけに、授乳前より小さくなっているし。
同性の友だちでも、パートナーでもちょっと無理・・って思っちゃいます(T_T)

乳輪周りを脱毛されている方もいらっしゃると思います。
私も乳輪周りにヒョロヒョロと生えた毛をどうにかしたい!って思うけど、いまだにどうも踏み切れません。

VIOは、胸よりもっと気になっていたので、こちらは思いきって契約してみることにしました。

自己処理のシェービングは難しい

初めての施術の日は、結構緊張しました。
事前シェービングが必須なので、自宅で頑張って剃っていきましたが、初めてのことで、なかなかうまく剃れず・・・
結局、かなり剃り残しのあるままサロンに行きました。

シェービングできていなければ施術をしてもらえないサロンや、シェービング料金が発生するサロンもある中、ミュゼはかなり良心的で、剃り残しはちゃんとスタッフさんが剃ってくれます。

一応、一生懸命処理したのを分かってもらえたのか「自分で剃るのは難しいですよね~」と優しく声をかけてくださり、嫌な顔ひとつせず、時間をかけて丁寧に剃ってもらえました。
もしかすると施術できないかも!?とドキドキしながら行ったので、安心できました( ^^)






紙パンツの役割って?

剃ってもらえたのはいいですが、スタッフさんには丸見えでかなり恥ずかしかったのも事実です。
ミュゼでは施術の際に、ピンク色の紙パンツを着用するのですが、これが結構ブカブカなパンツで、履いているようで履いていないのも同然。
はっきり言って丸見えなんです。

事前に、ネットで検索して調べていると、紙パンツを少しずつずらしながら・・・と書かれていたりもするのですが、ずらしながらというよりも、“ずらしたまま”という表現の方が適切かも!?
紙パンツは気休めにしかならないと思います(笑)
履いていないよりはマシという感じですね。

事前処理で剃る

シェービングサービスが廃止されたにもかかわらず、デリケートな部位なので時間をかけて、ゆっくり丁寧に剃ってもらえます。
自分で処理してみて分かったのですが、少々荒く剃ってしまうと、肌が負けてしまって赤みを帯びたりします。
当然、その箇所は避けて照射することになるので、自宅での事前処理は慎重に行った方が良いと思います。

そして、あまりきっちり綺麗に剃っていかなくても大丈夫です。
無理に処理して肌を傷つけるくらいなら、少し残しておく・・・くらいの方が良いです。
もちろん、何も処理しないのは問題外ですが、ある程度自分で頑張って処理できていれば、暗黙の了解で対応してもらえるので心配しなくても大丈夫です。

だんだん慣れてきて恥ずかしくなくなる

今3回ほどVIOの施術を終えた私ですが、恥ずかしいと感じたのは初回だけでした。
2回目以降は不思議と気にならなくなりました。

スタッフさんも、たくさんのお客様に対応されていて慣れていらっしゃるでしょうし、私たちが気にするほど気にされていないというのが、なんとなく伝わってきました。

余談ですが、私がデリケートゾーンの脱毛に行く最に気を付けているのは、臭い対策?です
臭っては失礼だと思って、施術の直前にシャワーを浴びて綺麗にして行きます。
あとは、できる限り丁寧なシェービングを心がけて、シェービングに時間を費やさなくても大丈夫なように努力しています。
とはいえ、綺麗に剃れないので、いつも時間かけて対応してもらっています。
ミュゼのスタッフさんには感謝です。

全身脱毛のおすすめサロンについてまとめてみました。

⇒ 全身脱毛のおすすめ!エターナルラビリンス≪他サロンと比較≫

デリケートゾーン(ハイジニーナ)の施術について、下記にも記載していますので、よろしければ参考になさって下さいね。

⇒ ミュゼのハイジニーナの効果«事前処理»

全身脱毛サロンを比較する場合は下記ページへ

⇒ 全身脱毛の口コミ!おすすめのサロンランキングと比較

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ