イメージ画像

レーザー脱毛は不人気?

脱毛しようと思った方の多くはSSCなど比較的出力の弱いものを選択しているようです。
特に20代や30代の女性はそういった傾向にあるみたいですね。

なかにはそもそもレーザー脱毛のことを知らないという女性もいるから驚きですが
どちらが良い、おすすめできるとは簡単に申し上げることはできません。

やはりそれぞれに良い点とそうでない点があるので、それは個々で判断するしかないでしょう。

ここではレーザー脱毛について簡単ではありますが、触れてみたいと思います。
脱毛にも知らないくらいの種類があるので、比較材料の一つにしてみてください。

薬でもないレーザー脱毛に副作用という言葉を使うことにまず違和感があるのですが
これをすることによって身体に何か問題が生じることを副作用と呼ぶのであれば
レーザー脱毛もそれを持っていないとは言えません。
ではどのような問題が身体に生じるのでしょうか。

一番多いのは火傷です。熱傷という表現をすることもありますが
レーザーを身体に直接照射するわけですから、何もダメージがないわけはありませんよね。

出力を間違えるとその部分に火傷が生じ
赤くなったり皮膚がただれたような感じになることがあるでしょう。

ポツポツと皮膚が膨れ上がり、本格的な火傷のような状態になることもあります。
火傷の末に肌が色素沈着を起こし、それがしばらく残ってしまうこともあるでしょう。

レーザー脱毛による副作用はこのあたりが最も多いのですが
しかしこれはほとんど起こることはありません。

起こったとしても施術箇所がほんの少し赤くなるくらい。
ちゃんとした医療機関であればレーザー照射前と後のケアを確実に行うため
大きなトラブルになることはまずないでしょう。

過剰に心配する必要はありませんし、そのせいで脱毛するのをやめるという選択もちょっと勿体ない。
症例数を多く抱え、脱毛経験豊富な施術者がいる医療機関を選べば
快適な脱毛ライフを送ることができるはずです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ