イメージ画像

ミュゼ 産後 いつから≪再開の時期≫

脱毛サロンに通いたいけど、産後で授乳中だし、いつくらいから始めるのがいいのか?
迷う方も多いのではないでしょうか。

子供を預けたりもしなくちゃいけませんし、
再開のタイミングって難しいですよね。

実際に脱毛サロンに通い始めるとなると、
色々と疑問も湧いてきて心配が先立ちなかなか決断できないと感じている方も
少なくないのではないかと思います。

これから始める方だけではなく、妊娠が分かって、途中で施術をストップして、
産後落ち着いてから再開したいという方もいらっしゃいますよね。

産後はもちろん、妊娠中や授乳中の脱毛について調べてみたので、参考になれば嬉しいです。






↑ ミュゼの待合室にて、施術前の注意事項を確認中です。 ↑

妊娠中や授乳中の脱毛

いくつかある脱毛サロンでは、だいたいどのお店でも『妊娠中・授乳中は施術を中止』としているところが多いのですが、
ミュゼに関しても基本的にはホルモンバランスの変わる妊娠中・産後、
授乳期には施術が一時中断するようになっています。

タイミングは生理が2~3回来て

ミュゼにおける、産後の施術再開の条件は
『授乳完了後、生理が2~3回来てから』です。

人によっては授乳中でも生理が再開する場合もあるかもしれませんが、
脱毛サロンでは産後のホルモンバランスが安定するのは「授乳完了後」と考えられているため、
完全に母乳を与えるのを止めてからの生理をカウントする必要があります。

ミュゼでの脱毛の契約有効期限は、契約日から7年間となっているのですが、
妊娠などの特別な事情がなければ7年の期限は十分過ぎるくらいですよね。

特に結婚や妊娠の予定が当分無いという方にとっては、
この有効期限は「あってないようなもの」という認識でも良いんじゃないかなと思います。

始めるタイミングはホルモンバランスが安定してから

↑ 毎回、施術前には上記のような確認事項が記載されたプレートを受付時に渡され、各自チェックします。 ↑

ここでちょっと、出産に関する施術のタイミングについて想定してみましょう。

もし妊娠が発覚した場合、授乳が完了するまでの一般的な期間としては、
長い場合だと約2年~3年弱くらいはかかることもありますよね。

その間は脱毛ができないということになるので、
再開は早くても2年以上先となってしまいます。

それでも有効期限内となるので、そこからまた通い始められるというのは
とても心強いのではないかと思います。

妊娠を機に止めたい場合

しかしここで注意が必要となるのは、
妊娠を機に“もう通うのを止めよう”と思った場合です。

解約の場合の返金期間が、最終の来店日から1年以内となっていることや、
契約から3年以内となっていることがあるため、
早めに連絡をしないと損をしてしまう場合もあるので
この点は常に覚えておいた方がいいと思います。

すべての女性が、キレイを手に入れるために無理なく通うことができるよう、
女性の事を徹底的に考えてくれているサロンだからこそ、
ライフステージで起こりうる事態には十分な対応、保証を備えてくれているミュゼ。

安心して通えるサロンNO.1という実績通り、
心配や不安に思うことには丁寧に対応してもらえるし、
契約内容もゆとりを持って設定してくれているので、気になることがあれば
無料カウンセリングや契約後の施術中にでもスタッフの方に聞いてみると、
悩みはすぐに解決するのではないかと思います。

いつまでも面倒な自己処理を続けるよりも、思い切ってプロにおまかせして、
トラブル知らずの綺麗なお肌を手に入れることを本格的に検討してみてはいかがでしょうか。






エステの光って胎児に影響あるの?

ちょっと余談ですが、通っている間に妊娠が発覚した場合のお話です。
基本的に脱毛エステの“光”は、お腹の中の赤ちゃんに影響しないと言われています。

なので、途中で妊娠が分かったとしても特に問題はないと言われています。

ただ、私の個人的な意見ですが、大丈夫とは言われていても
やっぱりなんとなく心配・・・。

黒の色素に反応する光なので、胎児の形成中の目にも悪影響なんじゃないか・・・とか。
ちょっと考え過ぎなのかもしれないですが。
私なら赤ちゃんが宿った時点で、すぐに脱毛はお休みすると思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ